Entry

本年もご愛顧ありがとうございました

本年もご愛顧を誠にありがとうございました。
年末は12月30日午前中まで営業させていただきます。
年始は1月5日より営業いたします。どうぞよろしくお願いいたします。

泉町新工場店頭にて、年末年始用の生あん、練あん、甘納豆、きんとん等を販売しております。
また、静岡市内のスーパーさんで生あんの販売もいたします。
こちらもご利用お願いいたします。

ファイル 29-1.jpg

こしあん、粒あん、白あん各500g入り
いずれも470円

ファイル 29-2.jpg

芋きんとん(350円)と栗甘納豆(700円)
セットでのお買い上げは1000円
数量限定です。お早目にお買い求めください。

芋きんとん販売いたします

今年も残すところ10日あまりとなりました。皆様、そろそろお正月の準備を考え始めている頃ではないでしょうか。
弊社店頭では12月24日より芋きんとんと栗甘納豆の販売を始めさせていただきます。
芋きんとんは400g入り350円、栗甘納豆は200g入り700円です。また、芋きんとんと栗甘納豆をまとめてお買い上げいただくと1000円にさせていただきます。
芋きんとんに栗甘納豆を混ぜてなじませていただくだけで簡単に栗きんとんが出来上がります。黄金色の栗の入ったきんとんがあると、お節料理もゴージャスに映えます。ほっこりと、お正月をお楽しみいただけると思います。
数量限定で販売させていただきますので、どうぞお早めにお店にお越しください。お待ちしております。

宇治金時と静岡おでん

ファイル 27-1.jpg
まだ8月だというのに昨日から急に涼しくなりました。気温の変化に体調を崩さぬよう皆様ご自愛ください。
と言ってるにもかかわらず、宇治金時です。宇治金時の後ろに写っているのはおでん鍋。静岡おでんの名店「杉の屋さん」の宇治金時とおでんです。
熱いおでん鍋の前でかき氷を食べるのは一般的ではないと思いますが、このお店では(おそらく静岡市内の同様の形態のお店でも)ごく当たり前の景色です。
先におでんか?かき氷か?、さらにまたおでんに戻るか?
この景色も行く夏の思い出です。  

コーヒーあんみつ

ファイル 26-1.jpg

コーヒーゼリーにあんこを合わせた「コーヒーあんみつ」を作ってみました。
濃いめに淹れたコーヒーにゼラチンを溶かしてちょっと苦いコーヒーゼリーを作ります。そこに生クリームとあんこを添えて出来上がり。あんこの甘味があるので蜜(ガムシロップ)はいれませんでした。
簡単で美味しいです。
コーヒーとあんこの組み合わせ、お試しください。

今年も始まりました

ファイル 25-1.jpg

かき氷の幟です。今年初めて見ました。
弊社のご近所、しずおかおでんと黄金饅頭(いわゆる大判焼き)の名店、杉の屋さんの軒先にハタメイテいました。
静岡のロコは夏になると、おでん屋さんのおでん鍋の前でかき氷を食べます。暑くて食欲がないから先ずかき氷で冷やしてからおでん鍋に手を伸ばす、あるいはかき氷とおでんを交互に食べるというお年寄りもいらっしゃいます。
理にかなっているのかいないのか…。
何はともあれ、今年もかき氷始まりました。

$FILE1

「旬」をお召し上がりください

ファイル 24-1.jpgファイル 24-2.jpg

ようやく本格的に春がやってきました。
生鮮食品の店先はもちろんのこと、洋服屋さんのウインドウにも旬の色の服が飾られ、春まっさかりです。
和菓子屋さんにも「旬」のお菓子がたくさん並んでいます。

$FILE1

$FILE2

お得意様の和洋菓子店『ふりあん かどや』様で可愛いい旬のお菓子を見つけました。上のお菓子は「たけのこ」下は「一花」という名前でまだ咲ききっていない桜を横から見た姿を模っています。

和菓子を普段召し上がらない方にもこの可愛らしさを目と舌で味わっていただきたいです。

サザエが触ったあんこは本当に熱かった!!

3月23日の『サザエさん』、待望のお彼岸ネタありました。磯野家では「春はぼた餅」と呼んでいましたね。さすが、日本のティピカルファミリーです。
残念ながらカツオがこっそりつまみ食いのエピソードはありませんでしたが、そこは『サザエさん』、食いしん坊でおっちょこちょいの主人公サザエがやってくれました。炊かれた小豆のお鍋に指を入れるという荒技を。お鍋のあんこはアツイです。あんこを炊いたことのある方ならサザエの体験した熱さがお分かりになると思います。飛びはねたあんこが手についただけでも相当の熱さです。
皆様、絶対にサザエのような真似はなさらないでくださいね。

今年のカツオはおはぎをつまみ食いするのか?

ファイル 22-1.jpg

春の彼岸のお中日が過ぎました。「暑さ寒さも彼岸まで」と言われるものですが、今年はまだ寒さが去っていないようで、温暖な静岡市でも今日はコート姿が目立ちました。彼岸が明ける来週はじめには温かくなってくれるといいですね。
さて、彼岸と言えば「おはぎ」。皆様、召し上がりましたか?
春は「ぼた餅」秋は「おはぎ」と呼び名が変わるという説もありますが、一般的には通年「おはぎ」と呼ぶのが優勢のようですね。あの華やかで大輪の牡丹の花から命名されるのもちょっとおこがましい気がします。
最近では年中スーパーのお惣菜売り場で販売されていますが、やはりあんこ屋としてはこの時季に是非召し上がっていただきたいものです。かつてお彼岸前のあんこ屋はお客様が並ぶほどの忙しさでした。しかし、残念ながら現代では手作り派のお得意様がいらっしゃるくらいで…。あの『サザエさん』でもお彼岸といえばカツオが「おはぎ」をつまみ食いするエピソードがあったものですが、もう何年も前からそんなシーンにはお目にかかってない気がします。是非、明日のサザエさんではカツオに久しぶりに「おはぎ」のつまみ食いをしてもらいたいものです。

謹賀新年 本年もよろしくおねがいいたします

明けましておめでとうございます。旧年中は格別のご愛顧をありがとうございました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今日から2014年の業務を開始いたしました。新春にふさわしく、桜葉あんの製造を今週から始めます。1kgピロー包装です。ご注文、お問い合わせは電話・ファックス等で承ります。

1月11日の鏡開きのお汁粉用餡のご手配はお済みですか?そもそも鏡開きとは、鏡餅を開くことで年神様をお送りし、お正月に一区切りをつけるための行事です。さらに、年神様の力の宿った鏡餅をいただくことで力を授けてもらい、一年の無病息災を願うことができます。
会社、学校、スポーツなどのクラブ活動で鏡開きをご予定の皆様、ぜひ業務用餡をご注文ください。
小倉練あん5kg2620円、10kg5140円、こしあん3kg1590円、特こしあん5kg3360円にて承ります。(配送料金は代引きで別途頂戴いたします。)
こちらのご注文も電話054―282―3076、ファックス054―282―5942でお願いいたします。
※10人前で練あん1kgが目安です。

1年間のご愛顧ありがとうございました

本年もご愛顧ありがとうございました。
年内は12月30日まで営業させていただきます。
新年は6日月曜日から始業いたしますので、よろしくお願い申し上げます。

 今年の暮れも例年同様、静岡市内のスーパーさんで生つぶあん、生こしあん、生白あんの販売をさせていただいております。また、弊社工場でも各種生あん、練あん、かのこ豆(甘納豆)などの販売をいたしております。ご家庭用に、お年賀用に是非ご利用くださいませ。

ファイル 20-1.jpg

※工場店頭での年末特別販売品
紅白小豆お年賀セット(大納言濡甘納豆、白小豆濡甘納豆各200g入り)750円
懐中汁粉2ヶ入り360円
黒花豆甘納豆B級品120円

Page