Entry

本年もご愛顧ありがとうございました

本年もご愛顧を誠にありがとうございました。
年末は12月30日午前中まで営業させていただきます。
年始は1月5日より営業いたします。どうぞよろしくお願いいたします。

泉町新工場店頭にて、年末年始用の生あん、練あん、甘納豆、きんとん等を販売しております。
また、静岡市内のスーパーさんで生あんの販売もいたします。
こちらもご利用お願いいたします。

ファイル 29-1.jpg

こしあん、粒あん、白あん各500g入り
いずれも470円

ファイル 29-2.jpg

芋きんとん(350円)と栗甘納豆(700円)
セットでのお買い上げは1000円
数量限定です。お早目にお買い求めください。

今年も始まりました

ファイル 25-1.jpg

かき氷の幟です。今年初めて見ました。
弊社のご近所、しずおかおでんと黄金饅頭(いわゆる大判焼き)の名店、杉の屋さんの軒先にハタメイテいました。
静岡のロコは夏になると、おでん屋さんのおでん鍋の前でかき氷を食べます。暑くて食欲がないから先ずかき氷で冷やしてからおでん鍋に手を伸ばす、あるいはかき氷とおでんを交互に食べるというお年寄りもいらっしゃいます。
理にかなっているのかいないのか…。
何はともあれ、今年もかき氷始まりました。

$FILE1

今年のカツオはおはぎをつまみ食いするのか?

ファイル 22-1.jpg

春の彼岸のお中日が過ぎました。「暑さ寒さも彼岸まで」と言われるものですが、今年はまだ寒さが去っていないようで、温暖な静岡市でも今日はコート姿が目立ちました。彼岸が明ける来週はじめには温かくなってくれるといいですね。
さて、彼岸と言えば「おはぎ」。皆様、召し上がりましたか?
春は「ぼた餅」秋は「おはぎ」と呼び名が変わるという説もありますが、一般的には通年「おはぎ」と呼ぶのが優勢のようですね。あの華やかで大輪の牡丹の花から命名されるのもちょっとおこがましい気がします。
最近では年中スーパーのお惣菜売り場で販売されていますが、やはりあんこ屋としてはこの時季に是非召し上がっていただきたいものです。かつてお彼岸前のあんこ屋はお客様が並ぶほどの忙しさでした。しかし、残念ながら現代では手作り派のお得意様がいらっしゃるくらいで…。あの『サザエさん』でもお彼岸といえばカツオが「おはぎ」をつまみ食いするエピソードがあったものですが、もう何年も前からそんなシーンにはお目にかかってない気がします。是非、明日のサザエさんではカツオに久しぶりに「おはぎ」のつまみ食いをしてもらいたいものです。

年末年始営業日のお知らせ

今年も残すところ半月あまりとなりました。本年もご愛顧いただきありがとうございます。
年末年始は12月30日から1月3日まで休業させていただきます。
来る年もよろしくお願いいたします。

お月見

今年の中秋(旧暦8月15日)は昨日でした。残念ながら台風の影響で名月を観ることはできませんでしたが、今夜は『十六夜(いざよい)』の月を楽しむことができそうです。
お月見といえばお団子ですね。よくイラストや写真でススキやサトイモとともにまん丸のお団子が積まれていますが、静岡の人間にはあの形はちょっと違和感があります。静岡でお月見につきものなのは、直径3~4cmの円形で中央を窪ませた通称「へそ餅」と呼ばれるお団子です。由来はわかりませんが、形も名前もキュートですし、何よりもあんこをつけて食べやすいのがうれしいところです。
さて、ようやく長い残暑も終わり、気持ちのよい季節の到来しました。よく澄んだ夜空にうかぶお月様を眺めて、ちょっとほっとした気持ちになれたらいいですね。

SmaSTATION!!に登場?

当社の製品に「動輪焼き」というものがあります。おなじみのびっくりどら焼きの皮にSLの動輪の焼き印が押されている製品ですが、これは静岡・大井川鉄道のSL車内限定で販売されているレアなどら焼きです。
この「動輪焼き」が7月14日テレビ朝日系でオンエアのSmaSTATION!!で紹介されることになりました。どのような形で紹介されるのかは番組スタッフさんから「観てのお楽しみ」と言われているので不明ですが…。慎吾くんが一口で食べるっていうのはないですか?是非ご覧ください。
これが「動輪焼き」です。

ファイル 14-1.jpg

大井川鉄道車内では姉妹品の「SL人形焼」という文字通りSLを模った人形焼も限定販売されています。「SL人形焼」の中には大井川の上流・川根産茶葉100%使用の緑茶あんが入っていて、召し上がればお茶の香りがお口に広がって茶畑の中を走るSLに乗っている気分を味わうことができるでしょう。

ファイル 14-2.jpg

端午の節句にはやっぱり柏餅

ゴールデンウイークが目前ですね。9日間のまさに大型連休という方もいらっしゃるかと思います。かつてこの時期はあんこ屋にとってかき入れ時で、家族旅行に出かける友達が幼心にはとてもうらやましいものでした。
さて、5月5日の端午の節句といえば柏餅。今も昔もみんな大好き。ありがとうございます。白いお餅にこしあん、ヨモギの緑のお餅につぶあん、うっすらピンクのお餅に味噌あん。どれを食べるか悩むのもまた楽しいですね。
和菓子屋さんで買うのもいいけど、手作りもまたよいものです。ネットで検索すれば柏餅のレシピが驚くほどたくさん載っています。ぜひ今年はご家族で柏餅を作ってみてはいかがでしょう。
友人の家では手首から肘までの大きさのお餅を柏の葉2枚で挟んでビッグサイズの柏餅を作るそうです。男の子の出世を願って作るそうですが、実際そのお宅は皆さん出世しています。あんこをたっぷり入れて、ご家庭のオリジナル柏餅を作ってみてはいかがですか♥

Page