Entry

お正月商品販売のお知らせ

ファイル 48-1.jpgファイル 48-2.jpg

生あん、加糖あん、甘納豆を弊社西工場販売しております。
生あんは各種500グラム税込470円、1キログラム税込940円です。
その他には白ねりあん、大納言甘納豆、栗甘納豆などお正月に欠かせないものを工場直売価格にて販売中です。
年内は29日まで営業しておりますので、是非お買い求めください。


年末恒例のスーパーマーケットさんでの生あん販売も始まりました。
白こしあん、赤こしあん、粒あん各500グラムでの販売です。どうぞよろしくお願いいたします。

年末年始営業のご案内

師走に入り、寒さが身にしむようになりました。
2016年も残すところ3週間となりましたが、本年も皆さまのご愛顧、まことにありがとうございました。

年末年始の営業をご案内申し上げます。

年内は、12月29日(木)まで営業いたします。
    *小売りのお客様は午前中までのご来社をお願いいたします。

年始は1月5日(月)より営業を開始いたします。

どうぞ来年もご愛顧賜りますようよろしくお願いいたします。

楽天市場店開店のお知らせ

7月8日より楽天市場に出店をいたしました。
こちらのお店もどうぞご贔屓くださるようお願いいたします。

※楽天市場のトップページから「泉寿庵のびっくりどら焼き」と入力してご来店ください。。

端午の節句

ファイル 45-1.jpg

熊本地震で被災されている皆様にお見舞い申し上げます。

5月5日端午の節句です。柏餅をお召し上がりになりましたか?
こし餡、つふ餡、みそ餡。さてどれをいただきましょうか。

一足早く春が来ました

ファイル 44-1.jpg

今日2月4日は立春。
この時季に「暦の上では春ですが、まだまだ寒いですね」という時候の挨拶をよく使いますが、本当にまだまだ寒いですね。
でも、弊社の受付にはこんなに可愛らしい春が一足早くやって来ました。

下の写真は「びっくりどら焼き」のスイーツ玩具です。皮の焼き具合やたっぷり入ったつぶあんの質感が再現されていて、思わず食べてしまいそうです。

ファイル 44-2.jpg

謹賀新年

謹んで新年のお慶びを申し上げます

本日1月5日より新年の営業を開始いたしました。
どうぞ本年も変わらぬご愛顧をよろしくお願い申し上げます。


ファイル 43-1.jpg$
新春のお菓子「花びら餅」
  平安時代の宮中の「歯固めの儀」という風習に由来。
  京都のお雑煮に見立てた白みそ餡を鮎を模したごぼう
  とともに求肥に包んであります。

小売り販売のご案内

ファイル 42-1.jpgファイル 42-2.jpgファイル 42-3.jpg

弊社泉町新工場にて、生餡、栗甘納豆、きんとん、白ねりあん等々の小売り販売をいたしております。
年内30日午前中まで営業しておりますので、よろしくお願いいたします。

生餡(白、こし、粒)500グラム  各470円
栗甘納豆200グラム        700円
さつま芋きんとん400グラム    350円
白ねりあん1キロ          620円
懐中しるこ1個           150円

年末商品販売始めました

年末恒例の静岡市内スーパーマーケットさんでの生餡販売を開始いたしました。
豆きんとんや羊かん作りに最適な白こしあん500グラム、おしるこやお餅などお好みのご用途にお使いいただける赤こしあん500グラム、粒あん500グラム。どうぞお買い求めください。

年末年始営業のご案内

もういくつ寝ると・・・今年も残りわずかとなりました。
年末年始の営業日をご案内申し上げます。

年末の営業は、2015年12月30日水曜日までです。
       ★小売りのお客様には恐れ入りますが30日午前中までにご来        社下さるようお願いいたします。

年始の営業は、2016年1月5日火曜日から開始いたします。来年もお引き立てのほど、よろしくお願いいたします。

うさぎ餅

気づけば11月も中旬、秋たけなわとなりました。
毎年この時季に静岡県立静岡農業高等学校の文化祭“静農祭”が行われます。今年は、今週末11月14日土曜日の開催です。
農業高校の文化祭ですから、生徒さんたちが作った農産物や園芸品、食品などが販売され、毎年たいへんな賑わいを見せています。その中、来校者に無料で「うさぎ餅」が配られています。
「うさぎ餅」は、江戸時代、駿河の国の三大名物として安倍川餅、追分羊羹とともに数えられていましたが、いつの間にか姿を消していました。
「うさぎ餅」の発祥の地であった静岡市葵区古庄の地にある静岡農業高校では地域の方からその製法を伝え聞いて復活させ、約30年前から文化祭で配布するようになったそうです。
粒あんの入った大福餅に満月をかたどった丸い焼き印を押し、その中に浮かぶのは、うさぎの姿。地域の伝承の餅菓子を復活させた生徒さんたちの気持ちのこもった「うさぎ餅」は、今や“静農祭”の名物となっています。

Page