Entry

おはぎとぼた餅

このたびの豪雨に被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

さて、いよいよシルバーウイーク。その最終日9月23日は秋分の日=お彼岸の中日です。秋のお彼岸といえばあんこたっぷりのおはぎですね。
秋の「おはぎ」、春の「ぼた餅」をご存知の方は多いと思います。ではその違いが名前だけではないことをご存知ですか?
まずは大きさ。「ぼた餅」はその名の由来の牡丹の花のように大きく、一方の「おはぎ」は萩の花のように小さ目。
そしてもう一つ。秋は小豆の新豆の収穫直後なので、柔らかな小豆を煮たつぶし餡で、春には皮が硬くなっているので、皮を取り除いたこし餡で作るのが昔ながらのお供えだったようです。現代では小豆の煮かたも通年ほぼ同じなので、つぶし餡かこし餡かはお好みですね。
昼間の時間と夜の時間が同じ秋分・春分の日は、彼の地にいるご先祖様や大切な方と対話のできる日と言われています。おはぎを召し上がりながら、大切な方との思い出に花を咲かせてください。