Entry

水無月

ファイル 35-1.jpg

6月です。「水無月」です。写真の三角形のお菓子も「水無月」です。
これは、そもそもは一年の折り返しにあたる6月30日に、この半年の罪を祓い残りの半年の無病息災を祈願する神事「夏越祓(なごしのはらえ)」に宮中で食べられていたお菓子で、それが京の庶民に広まり、京都では6月に必ず食べられている和菓子だそうです。
この時季の京都では和菓子屋さんはもちろんスーパーでも売られているというお菓子ですが、全国的にはほとんど知られていませんね。でも、これは静岡市内の和菓子屋さんで売られていたものです。珍しいので思わず購入してしまいました。氷を表している三角形の外郎(ういろう)の上に魔除けのための小豆が載っています。京都の人ではありませんが、ありがたく頂きました。もっちりとした外郎がたいへん美味しかったです。